本文へジャンプ

2.次世代育成

女子学生のニーズ調査

 本学女子学生の大学院進学率の低下の原因を探り、研究を志す女子学生の増加につながる効果的な施策の提案につなげるべく、女子学生ニーズ調査を実施しています。

■平成27年度■------------------------
女性学生と男子学生併せて「学生ニーズ調査」を実施しました。

交流会を開催するなかでアンケート調査を実施する方法では、交流会に参加できる学生に限られるため、学年や専攻に偏りがみられ回収数も伸びませんでした。そのため平成27年度はイベント開催は行わずアンケート調査のみを行いました。その際、女子だけでなく対象を男子にも広げ、男女での差があるかどうかも含め調査しました。

調査結果は下記の通り(クリックで表示)

金沢大学 理工系大学院博士後期課程進学に関するジェンダーを考慮した学生ニーズ調査

■平成26年度■-------------------------------
「女子学生・女性教員(研究者)交流会」を開催しました。

交流会ポスター
交流会ポスター

【女子学生・教員交流会】

  • 日 時  平成27年2月12日(木)17時~18時
  • 会 場  金沢大学 角間キャンパス 大講義室A

   ポスター(PDF:1.28KB)

交流会の様子 交流会の様子 

写真(上下):交流会場の様子

金沢大学理工学域の女子学生を対象に開催しましたが、当日は、試験最終日ということもあり、参加者が約30名と多くはありませんでしたが、活発に意見交換や女性研究者への質問などが行われました。アンケートでも学生の声(本音)を得ることができました。下記グラフは、アンケート結果の一部です。

 Q.卒業後どのような進路を希望していますか?        Q.自身の将来像としての「研究者」をどう思いますか?

 進路希望 研究者になりたいか

ニーズ調査を今後も継続的に行い、効果的な施策の提案につなげてまいります。

※詳細はHWRN報告書(H26年度版)に掲載。

ページの先頭に戻る