本文へジャンプ

大学外での活動(講演・広報活動・イベント参加)

平成27年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業シンポジウムに参加

人材育成費補助事業4事業合同のシンポジウムに参加

日時 : 平成27年12月14日(月)10:30~17:30(情報交換会18:00~19:30)
会場 : 科学技術館 サイエンスホール (東京都)
主催 : 文部科学省
協力 : 国立研究開発法人科学技術振興機構
平成27年度シンポジウムWebサイトはこちら

平成27年度文部科学省科学技術人材育成費補助事業シンポジウムに,池本ラボ長と谷口POが参加いたしました。これまで毎年開催されてきた女性研究者支援事業だけでなく,今回は人材育成費補助事業4事業合同での開催となり,若手,博士,女性の研究者の支援事業について,これまでの10年間で見えてきた課題を共有し,これからの10年に向けてどのように取り組んでいくべきかを議論する場となりました。

 
写真:科学技術館周辺の様子

大学等における男女共同参画推進セミナーに参加

女性活躍推進のための講演会,講義,施策説明会に参加

日時 : 平成27年12月3日(木)13:30~17:30  12月4日(金)9:00~14:30
会場 : 3日 プラザエフ  4日 国立女性教育会館
主催 : 独立行政法人国立女性教育会館
後援 : 一般社団法人国立大学協会,一般社団法人公立大学協会,日本私立大学団体連合会,全国公立短期大学協会,日本私立短期大学協会,独立行政法人国立高等専門学校機構

国立女性教育会館主催の「大学等における男女共同参画推進セミナー」に本学職員が参加いたしました。2日のうち1日目に出席し,濵口道成氏(JST理事長,名古屋大学名誉教授,文科省科学技術・学術審議会会長)の基調講演「21世紀の日本は女性が救う」を拝聴。1時間の講演に対して,全国から集った参加者からの質疑応答が30分間にわたって活発に行われました。また,日経ウーマンでウーマンオブザイヤーを創設したジャーナリストの野村浩子氏から「なぜ,女性活躍推進に取り組むのか?企業の取組の視点から」と題して講義が行われ,女性リーダー登用についての具体的な提案などがありました。最後に,文部科学省より「女性活躍推進法について」の施策説明があり,「大学等における保育環境の整備」の説明がありました。

富山大学キックオフ講演会に参加 

HWRN連携機関の富山大学がダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(特色型)に採択

日時 : 平成27年12月2日(水)
場所 : 富山大学 五福キャンパス 黒田講堂会議室
対象 : 教職員 学生 一般

富山大学キックオフ講演会Webサイトはこちら 

HWRN連携機関である富山大学が,平成27年度のダイバーシティ研究環境イニシアティブ(特色型)の採択を受け,キックオフ講演会を開催。本学からは西脇特任助教が出席いたしました。広島大学の相田美砂子教授を迎えて「大学で男女共同参画推進が必要な理由~広島大学の事例紹介と将来展望~」と題しての特別講演が行われ,富山大学の遠藤学長に加え,新しく男女共同参画担当学長補佐となられた市田蕗子教授からの挨拶がありました。

北陸信越工学教育協会石川県支部工大部会にて取組紹介 

池本ラボラトリー長が研究集会で金沢大学の取り組みを紹介

日時 : 平成27年11月13日(金)
場所 : 金沢工業大学 扇が丘キャンパス12号館4階
主催 : 北陸信越工学教育協会石川県支部

特別講演会「工学教育と共創~ヒューマンビッグデータから教育支援へ~」
講師 東京工業大学大学院 教授 三宅美博氏

池本ラボラトリー長は,上記の特別講演に引き続き行われた研究集会にて「金沢大学における女子学生理系選択支援とHokuriku Women Reseachers' Networkによる取り組み」と題し,講演を行いました。

北海道大学 女性研究者研究支援事業(拠点型)シンポジウムに参加

池本ラボラトリー長がパネリストとして登壇

日時 : 平成27年10月27(火)
場所 : 北海道大学学術交流会館 小講堂
主催 : 北海道大学 女性研究者支援室FResHU

シンポジウムWEBサイトはこちら(北海道大学 女性研究室FResHU)から

当ラボラトリー長の池本良子教授が,上記シンポジウムにおいて,パネリストとして登壇し,HWRN事業取り組みの紹介やその効果,課題について発表。他のパネリストの方々と,機関連携についてや地方特有の事情などの話題で,活発にディスカッションが行われました。

第13回男女共同参画学協会連絡会シンポジウムに参加

千葉大学で開催された「男女共同参画学協会連絡会シンポジウム」に参加

日時 : 平成27年10月17(土)
場所 : 国立大学法人千葉大学(西千葉キャンパス)
主催 : 男女共同参画学協会連絡会

上記シンポジウムに当ラボラトリーから池本ラボラトリー長が参加しました。

男女共同参画推進フォーラム2015に参加

国立女性会館(埼玉県)で開催された「男女共同参画推進フォーラム」シンポジウムに参加

日時 : 平成27年8月20(木)~22日(土)
場所 : 国立女性教育会館(埼玉県)
主催 : 独立行政法人国立女性教育会館

開催2日目にあたる21日(金)に行われたシンポジウム「北京世界女性会議~あの時,今,そしてこれから」に谷口プロジェクトオフィサーが出席しました。1995年の第4回世界女性会議から20年たった現在,日本での男女共同参画の現状はどうかを,パネリストが各専門の立場から様々な角度で提示を行い,来場者からの質疑応答も含め活発に議論が行われました。

その中で「女子学生の理系進路選択率の低さ」や「総合大学,大学院への進学率の低さ」は,今後の新しい課題として触れられていました。特に大学院への進学には,意識啓発だけでなく奨学金などの経済的支援が重要になるとの発言がありました。

シンポジウムの様子 

左:シンポジウム パネリストの様子   右:国立女性教育会館 敷地内

平成27年度男女共同参画推進フォーラム(外部Webサイト)

ページの先頭に戻る