本文へジャンプ

リカレント教育

 HWRNでは、参画機関で活躍している女性技術者(地元中小企業の技術者を想定)の技術力および研究開発力の向上と受講者自身のキャリアアップを目指して、リカレント教育プログラムを実施いたします。

  • 講義受講型    
    金沢大学で実施している講義(主に集中講義)などの教育プログラムの中から選定した講義・実習の受講を支援します。
  •  
  • 個別指導型    
    希望に応じて、本学の教員とマッチングし、実務に関する内容でセミナー形式の個別指導を行います。女性研究者・技術者が現場で技術的に困っていること、悩んでいることなどの相談も含み、所属する企業内でのキャリアアップに直結する学びの場を提供します。
  •  個別指導型プログラムをご希望の方は事務局へお問合せください。
  •  (メールアドレス cd_lab@adm.kanazawa-u.ac.jp )

  • ↑平成28年度リカレントプログラム詳細はこちらをクリック


    英語と専門知識の双方を学べるコースを用意しました。英語に自信がない方でも受講でき、学生と共に学びます。スキルアップ、キャリアアップのために役立てていただけることを期待します。多くのご参加をお待ちしています。

    • 第1回<英語で学ぶ環境リスク論>
      平成28年11月24日(木)・25日(金)両日とも9:00-17:00
    • 講師 滋賀県立大学 井出慎司 教授
    • 第2回<環境技術英語応用>
      平成28年12月9日(金)・16日(金)、平成29年1月20日(金)、27日(金)
      14:30-16:30
    • 講師 金沢大学 大谷マーシャ 非常勤講師

  • ↑平成27年度リカレントプログラム詳細はこちらをクリック


    効果的なリカレント教育の例:

    • 実戦・有限要素法(機会科学専攻にて開講、CAEに必要な基礎知識について学ぶ。
      →計算力学技術者(2級)に相当する技能と知識を修得し、解析技術者としてのキャリアアップにつなげることができる。
    • 環境マネジメント論 →自然科学研究科共通科目、ISO14000やPRTRの法規について学ぶことができる。
    • *希望する科目・内容や、リカレント教育プログラムについての質問など、企業からのご意見をお待ちしております。当事務局へメールまたはお電話にてご連絡ください。

    ページの先頭に戻る