本文へジャンプ

ダイバーシティ研究環境推進シンポジウム

平成29年度 ダイバーシティ研究環境推進シンポジウムの開催
~多様な研究人材育成への挑戦~

ダイバーシティ研究環境推進シンポジウム2017イメージ

<日 時>
平成29年12月19日(火) 14時~17時
(開場・受付 13:30~)

<場 所>
ANAクラウンプラザホテル金沢 3階 大宴会場 鳳 

<対 象> 
学生,教職員,一般(どなたでも参加可能です)

<参加費用・申込> 
参加費は無料,事前申込は不要です。ただし送迎バス(金沢大学中央⇒金沢大学自然研前⇒如来寺前⇒ANAクラウンプラザホテル金沢(復路は反対方向))をご利用希望の方は12月6日(水)までに事務局宛お申込み下さい。

 チラシ・ダウンロード※推奨ブラウザ:IE, Safari

■金沢大学は、HOKURIKU WOMEN RESEARCHERS’ NETWORK(ホウルネット)を構築し、北陸地域の企業、大学、行政、研究機関と連携し、地域全体で女性研究者・技術者への支援に取り組んでいます。今年度、金沢大学、富山県立大学、YKK株式会社が連携した支援プログラムが文部科学省科学技術人材育成費補助事業「ダイバーシティ研究環境実現イニシアティブ(牽引型)」に採択されました。本プログラムでは、三者が連携し、研究力向上による女性研究者の上位職への登用促進やさまざまなキャリアモデルの提示を通じた女子学生の大学院への進学促進など、女性人材育成の好循環を形成する取組を行うことで、意欲的な女性が活躍する新たな社会への成長と変革を目指します。

 

基調講演 講演者 

日本アイ・ビー・エム株式会社 技術理事 行木 陽子 氏

行木陽子氏   基調講演タイトル

日本IBMに入社後、システムズ・エンジニアとして製造業の顧客を担当。その後、 サービス事業を経てソフトウェア事業へ異動。コラボレーション分野における最新 テクノロジーのエバンジェリスト(伝道師)として活動すると共に、次世代コラボ レーション基盤の設計・導入に従事。2016年技術理事に就任。現在、AIテクノロジ ーを活用したワークスタイル変革ソリューションを牽引。

IBMアカデミー会員
COSMOS(日本IBM女性技術者コミュニティ) リーダー
JWEF(女性技術者フォーラム)運営委員
科学の甲子園・甲子園ジュニア推進委員

 

≪プログラム≫
13:30-  受付
14:00-  開会挨拶/金沢大学長 山崎 光悦
14:05-  来賓挨拶/文部科学省 科学技術・学術政策局 人材政策課 人材政策推進室
14:15-     事業報告/
                金沢大学学長補佐(男女共同参画推進担当)池本 良子
14:35-     テーブルトーク
15:05-     基調講演
                日本アイ・ビー・エム株式会社 
                技術理事 行木 陽子 氏
15:50-     休憩
16:05-     はあざみ女性研究者賞授賞式
16:35-     受賞者代表講演
16:55-     閉会挨拶/
                金沢大学理事(総務・人事・施設担当)有松 正洋



はあざみ女性研究者賞受賞者

<中村賞>
金沢大学人間社会研究域経済学経営学系 教授 野村眞理 氏

<紫花賞>
金沢大学医薬保健研究域医学系 准教授 佐々木素子 氏
YKK株式会社 ファスニング事業本部商品開発部製法開発室
 シニアエンジニア 道休千枝子 氏

<若葉賞>
金沢大学人間社会研究域学校教育系 准教授 吉村優子 氏
金沢大学保健管理センター(金沢大学附属病院腎臓内科) 助教 清水美保 氏
金沢大学国際機構 留学生センター 特任助教 Mammadova Aida 氏


ページの先頭に戻る